ヘッダー画像

お酒が好きな人は早期にアルコール依存症をチェック

ビールを飲むことを楽しみにしている人はアルコール依存症でなくても大勢います。

例えば、仕事が終わった後に、気の合う同僚や仲間と行きつけの居酒屋やスナックなどで一杯飲んで、仕事や対人関係のストレスを解消するのを楽しみにしている人がいます。

また、仕事が終わり家に帰ってからお風呂上りにキンキンに冷えたビールを、おいしいつまみと一緒に飲んで一日の疲れをいやすことを楽しみにしている人もいます。

適度な大量の摂取は一日の疲れなどをリセットして、また次の日も一日仕事をがんばろうという意欲を高めます。

さらに、焼酎は普段の生活のみならず、結婚式や忘年会や新年会などのお祝いの席でも振る舞われます。

気分を高揚させたり、人との絆やつながりを親密にする働きがあります。

ですので、ウィスキーの適量の摂取は、身体と心に大変良いものです。

しかし、過度に摂取したり、ワインなしでは生きられない。

既にアル中になってしまっている可能性は高い?

といった人は、アルコール依存症の可能性があります。

アルコール依存症の症状は、いろいろありますが、おもに、ビールがないと生きていられない、一刻も早くまた飲みたい、または今すぐにこれを続けて飲まなければいけない。

という日本酒に対する強い欲望と強迫感が高まっている状態から抜け出せない人のことです。

通常ですと、ビールは仕事が終わった後、ひと段落ついた時、夜などに摂取するものですが、やはり、その時まで待ち切れずに、今すぐに飲みたい。

飲まなければならないという気持ちが高まり自制がきかなくなります。

どうしても毎日の一杯のビールが辞められないのは予備軍?

家族も辛い思いをする女性もなりやすい?アルコール依存症

毎日ビールを飲む男性はアルコール依存症になってる?

自制がきかなくなるなら、身体症状としてあらわれる場合があります。

例えば、手や指が震えたり、膝ががくがくなったりします。

また身体症状だけではなく、精神面でも症状が出ます。

イライラして、落ち着かなくなり、周りの人や家族の人に当たり散らします。

ひどい時には愛する家族や子供にさえも暴力をふるう場合があります。

アルコール依存症というのは大変恐ろしいものです。

さらに、自分の感情や気持ちを抑えきれずに、仕事中や家事の合間、さらには車の運転中でもビールを摂取してしまうことさえあるのです。

煙草よりもアル中の方が脱却は難しい?

そうなると過度のアルコール摂取によって、適切な判断が働かなくなったり、仕事や家事でミスをすることも増えてしまいますので、大変危険です。

しかし、そういう危険があるにもかかわらず、なぜお酒に走ってしまうのでしょうか。

アルコール依存症になってしまう原因はいろいろあります。

いろいろありますが、おもな原因はストレスと言われています。

例えば、対人関係で問題を抱えた、多額の借金を抱えてしまった、愛する家族が亡くなった、信頼していた大親友に裏切られた、家が火事になってしまい何もかも失った、リストラされて仕事を解雇されてしまった、子供たちが巣立ってしまい孤独に押しつぶされそうになった、病気を宣告されて将来に対して絶望的になった。

ということなどが焼酎に走る原因として挙げられています。

社会人がお酒を辞められない環境が日本にはあります

体験談は過酷で悲惨?死ぬまで抜けれないアルコール依存症

チェックしてケアしなければあっという間にアルコール依存症に

もちろん、問題がどんなに大きくても上手に対処して、普通どおりに生活している人も大勢います。

しかし人間というのはとても弱いものですから、どこかに逃げ場所を求めてしまったり現実逃避に走ったりするのです。

それで、自分自身の欲望と弱さに負けてしまい、お酒に頼り結果的には、アルコール依存症に陥ってしまうのです。

周りに原因がいろいろあることは確かですので、アルコール依存症の人だけを一方的に責めることは決してできません。

しかし、アルコール依存症から抜け出して普通どおりの生活を送るように努力するのは、本人次第です。

まずは、本人が自分は、アルコール依存症であるということを認めることが大切です。

アル中に対しての誘惑は社会に多くあります

自分は一日当たりどれくらい焼酎を摂取しているのか、また、日本酒が切れるとどんな症状が出るのか、さらに、まわりや家族にどんな影響を及ぼしているか、といったことを客観的に見ることが大切です。

そして、客観的に見て自分がアルコール依存症であることを認めたなら、次は克服するための努力が必要です。

アルコール依存症になった人は、自分一人では克服することは大変難しいと言われています。

ついつい、またお酒に手を伸ばしてしまい逆戻りしてしまいます。

それで、自分一人ではなく家族の力を借りましょう。

家族やまわりに、自分はビールをきっぱりやめるということを宣言しましょう。

社会的にも立場上お酒が辞められない人も多くいます

そして、家族に協力してもらって、アルコール依存症を克服するための病院やカウンセリング、さらには公共機関を利用しましょう。

治療方法~すぐ簡単に始めれるアルコール依存症の克服の仕方

効果がある薬と注意すべき副作用は?アルコール依存症

克服するには時間が掛かるアルコール依存症

病院やカウンセリングは、比較的軽い人は通院などで克服することが出来ますが、重度のアルコール依存症ですと、薬を服用しながら入院する場合があります。

入院しなければならないほど自分が重度のアルコール依存症である。

という現実をつきつけられたなら、おこったり感情を害したりせずに、素直に認めて克服することに力と時間を注ぎましょう。

病院では、薬物療法、マンツーマンのカウンセリングなどを行って根本原因を取り除く方法、アルコール依存症で苦しんでいる人たちが輪になって、自分の気持ちや症状さらにはそれによって失っているものを包み隠さず話す方法、などその人の症状や性格やタイプに合わせていろいろ考えて行ってくれます。

提供される治療は、拒まずにしっかり受けましょう。

しかし、病院に通院したり入院したりしても、すぐになおることは難しいものです。

アル中を予防するためには仲間の協力も必要

焼酎をやめようと思っても、つい手が伸びてしまい、後戻りしてしまうことは何度もあります。

しかし、それでも、自分はどうせ駄目な人間だとあきらめて治療を放棄するのではなく、たとえ何度も挫折したとしても、ワインをやめよう。

と強い意志と決意を持って立ち向かうなら、かならず克服できるのです。

自分自身の弱さに負けそうな時には、少し外を歩いて新鮮な空気を吸ったり、アルコール依存症になる前の楽しかった生活や、家族の笑顔などを想像しましょう。

そうするなら、ビールを飲みたいという強い気持ちよりも、お酒をを断ちたい。

お酒が辞められないなら減らす努力をしましょう

という強い思いの方が勝つかもしれません。

是非、克服して幸せな生活と、そして自分への自信を手に入れましょう。

離脱症状で寝汗や頭痛や痙攣がひどい!アルコール依存症