ヘッダー画像

早い段階であればあるほど治療方法は簡単です

人には悩みの1つや2つはあるという人は多いです。

悩みを解消するためになにかを信じたり、頼ったりすることは悪くはないのですが、頼ってしまってはだめです。

依存するようになってしまっては離脱していくのがかなり困難になってしまうからです。

そのなかでも体も精神もぼろぼろにしてしまうのが、アルコール依存症です。

ほかの薬物と同じように、脳の病でもありますし、行動の病と言われています。

よくアルコール依存症と混同して考えられているケースがありますが、じつはかなり違います。 また中毒というのは過度に摂取したことにおって、これが毒性に対して健康障害に陥っていることをいいます。

急性の場合は、一気飲みなどをしたときにおこるもので、お酒を抜くという処置により回復する傾向があります。

飲まないだけでなく近づかないアル中の治療方法

慢性の場合も治療が必要ですが、慢性の場合、肝機能障害やアルコール認知症になっているケースもあります。 これが慢性アルコール中毒と呼ばれるケースもありますが、慢性アルコール中毒の症状になっている人にはこの状態なっているケースもあります。

そもそも、どのようなことかというと、なにかをするときにはまずビールを飲まないといられない、自分を抑制できないほどに飲むということです。

そして、程度が深刻化してくると頭に中にあるものは、どんなことをしてもお酒を手に入れたいと考えます。 どこかで強い欲求でみたされてしまってときには、そして取り上げるものに対してここで暴力をふるったりする攻撃的なことをするようになったりします。

今から始められる治療方法とは

家族も辛い思いをする女性もなりやすい?アルコール依存症

体験談は過酷で悲惨?死ぬまで抜けれないアルコール依存症

脱却するためには治療方法をみんなが理解する必要があります

同じ家に住む家族は、なんとかしてアルコール依存症から脱却させようとしているのですが、やめてほしいといったからといって簡単にやめられるものではないです。

気持ちが落ち着いているときはやめるといっていても、なにかとスイッチがはいってしまうとどうしようもなく、お酒を欲してしまいます。

たとえそれが料理酒であろうと、みりんであっても飲みたいという欲求で飲んでしまい、暴れたりするのです。

家族はやめるという言葉を信じてみても結局は裏切られた気持ちになるのです。 なぜわかってくれないのかと、失望したりしますが、これはアルコール依存とはそもそも薬物と同様にかなり恐ろしい病気になっているので、家族ではもうどうすることもできないようになっているのです。

ではこの状態から離脱するにはどうしたらいいのでしょうか?それはしっかりとした治療を確実にうけていくしか方法はないです。

飲みの場所から離れることがアル中には一番の治療方法

それもアルコール依存症で長期入院などをして、医師のもとで治療をするしか根絶させる方法はないです。

ある程度治療がうまくいって、退院したからといって、もう大丈夫ということではないです。

辞めない事で距離を置く治療方法も

効果がある薬と注意すべき副作用は?アルコール依存症

離脱症状で寝汗や頭痛や痙攣がひどい!アルコール依存症

簡単な治療方法ではまた同じことを繰り返してしまう?

簡単に治ってしまうくらいでしたら、アルコール依存症が社会問題になるほどではないからです。

この問題の闇は暗く深いです。

一時はもう断酒ができて、二度と戻ることはないと思っても、少量にお酒を口にしたとたんそれが復活する機会など、これは簡単にあります。

離脱できてもまた同じ繰り返しになるのでこのように言われるのです。

時間を掛けてアル中は辞めていくことが治療方法になる

ですから退院したあとでもしばらくは、アルコール依存症の人が離脱のために生活していく施設などで生活をさせて、まともな生活が送れるように訓練をしていく必要があるのです。

同じ経験をした人の中で、どうして今の状況になったのか、なぜそれがいけないのか、今後はどうしたいのかをしっかりと頭で認識し、肉体的にも健全に暮らせるすべを学んでいくことが必要なのです。

このような治療には長期間がかかります。

ですからここまで深くならないようにはじめの段階から、本人もまわりの家族などが気づいてあげることが大切なのです。

完全に辞めるよりも減らすという治療方法

アルコール依存症チェック~お酒がやめられないアル中予備軍