ヘッダー画像

効果がある薬は副作用も当然強い?

アルコール依存症における断酒の維持を目的としたものとして、薬物療法を受けることもできます。

抗酒薬としてジスルフィラム・シアナミドや、飲酒の欲求を減少させる作用のあるアカンプロサートを利用することができます。

ジスルフィラム・シアナミドは飲酒後に起きる不快な反応を利用しています。 心理的な側面からどうしても断念させるものとなります。

アカンプロサートは脳内に作用をおよぼすことによって、飲酒への欲求を減退させることによって断酒を補助します。

アルコール依存症の治療を行うにあたって薬物療法を用いる役割としては、離脱症状や不眠、不安などの併発することが考えられる症状を軽減させることがあります。

不安や不眠などの様々な精神的な症状が併発することが予想されます。 これはベンゾジアゼピン系の抗不安効果や睡眠作用のあるものが使用されます。

効果がある薬でもアル中は辞めれない場合もあります

もう1つの役割としては、断酒を維持させる効果を得ることが目的となります。

断酒を維持させるために用いられる療法としては、抗酒薬というものを用いることで飲酒をすると、すぐに体調や気持ちが悪くなるような症状が起きるようにして、更に飲酒行動を抑えて減らすものがあります。

そのほかのできる方法としては、中枢神経に作用を及ぼすことによって変化します。 これが生活上での欲求そのものを直接的に可能な限り減らすことで、断酒の補助を行う方法があります。

効果のある解消の仕方は人それぞれです

家族も辛い思いをする女性もなりやすい?アルコール依存症

体験談は過酷で悲惨?死ぬまで抜けれないアルコール依存症

薬は効果はあるがまた頼ってしまう危険性も高い

抗酒薬としては、日本国内ではジスルフィラムやシアナミドをアルコール依存症に利用することができます。

これらを用いることによって、アルデヒド脱水素酵素の阻害が可能となることで、服用期間中に大量の飲酒をすると血中アセトアルデヒド濃度が上昇することで、頭痛や動悸、嘔吐などの不快な反応を引き起こします。

これらの成分を服用することで、日常生活の中で飲酒をしたくなったときでも、お酒を飲むことによって不快な気持ちになるためにどうしても断念しやすくなります。

飲酒に対する欲求を抑制させる薬剤としては、アカンプロサートを使用することができます。

薬の効果でアル中を辞めるのは一時的になりやすい

欧米では20年以上使用されている薬剤となりますが、日本では2013年より承認されて販売が既に開始されています。

アカンプロサートは、脳内のNMDA受容体の神経伝達を阻害させる効果があると考えられていますので、あまり我慢できないアルコール依存症の欲求を軽減させることによって、再飲酒の危険性を低下させる効果があります。

一番効果があるのは確実に辞めることです

治療方法~すぐ簡単に始めれるアルコール依存症の克服の仕方

離脱症状で寝汗や頭痛や痙攣がひどい!アルコール依存症

薬の効果でも気持ちが抑えられなければ辞められない

アカンプロサートを服用することによって、断酒を実行している人の断酒率を上げることはできますが、飲酒している人が服用することで飲酒量を減少させる効果は低いのではないかとみられています。

1日あたり3回の服用を2錠ずつ行うこととなり、副作用としては軟便や下痢の症状があらわれる場合があります。

重症の腎障害の症状を持っている人の場合には、アカンプロサートの服用は認められていません。

相互作用は少ないものと考えられていますので、抗酒薬とアカンプロサートの併用によって治療が行われることも十分にあると言えます。

薬の効果に頼ると慢性的に繰り返しアル中になる

従来までの治療方法とは違ったアプローチが可能となる、アカンプロサートによる治療が開始されたことによって、アルコール依存症の治療効果が向上されるのではないかと期待されています。

ただし、アカンプロサートは服用をしただけで断酒の作用を及ぼすものとは言えませんので、しっかりとした断酒へのアプローチを行った上で、アルコール依存症についての正確な知識を身に付けること、飲酒についての考え方を変えることと併用することで断酒の効果を発揮することができると言えます。

アカンプロサートの効果を発揮させるためには、心理社会的な治療と併用することが必要になります。

アカンプロサートの有効性を十分に得るためには、アルコール依存症における専門的な治療プラグラムを行っている病院での診察を受けて、そして医師の判断によって処方をしてもらう必要があります。

精神的な面での効果も辞めるには必要

アルコール依存症チェック~お酒がやめられないアル中予備軍